マンガを学ぶ

Click Movie

閉じる

  • 専攻プログラム紹介
  • 授業レポート
  • 先輩メッセージ
  • 資格・関連する職業

専攻プログラム紹介専攻プログラム紹介

マンガ制作専攻プログラムマンガ制作専攻プログラム

『ルパン三世』のモンキー・パンチ先生をはじめ、
プロの教員がマンツーマンで指導。

加藤一彦(モンキー・パンチ)先生、『味いちもんめ』の倉田芳美先生など、一流の教員が直接指導。パソコンによるマンガ作品・キャラクター制作の教室などがあり、ストーリー考案の際には各専攻の先生方に取材もできる、充実の環境で学べます。

本学と東京で開催する「卒業制作展」や新人賞などを通じて、
作品を積極的に発信。

意欲的に取り組めるよう作品を広く世に発信しており、出版社などが主催する新人賞で入賞を果たす先輩も多数います。「卒業制作展」は、本学と東京で開催。特に東京展では多くのメディア関係者も来場しており、プロデビューの足がかりとなる可能性も秘めています。また、東京より編集者を招きデビューに向けたアドバイスなどの授業が行われます。

Topics卒業制作展ギャラリーTopics 卒業制作展ギャラリー

  • 優秀賞
    「殺人鬼のトロイメライ」長田 里夏さん(加藤ゼミ・佐藤ゼミ4 年)
  • 優秀賞
    「勇者 佐々木」楠本 龍之介さん(倉田ゼミ 4年)
  • モンキー・パンチ賞
    「くらげの骨と青い春&ハービー」石井 希実さん(倉田ゼミ 4年)

授業レポート授業レポート


【倉田ゼミ】倉田 芳美客員教員

日本を代表する漫画家の倉田芳美先生がマンツーマンで丁寧に制作指導します。

【倉田ゼミ】倉田 芳美客員教員

日本を代表する漫画家の倉田芳美先生がマンツーマンで丁寧に制作指導します。

料理マンガの名作『味いちもんめ』で有名な倉田先生のゼミでは、「描きたいものを描く」「途中で投げ出さない」が基本ポリシー。指導はある程度形になってから、細かい表情の描き方や左右ページのバランスなど、マンツーマンで行われます。「マンガを描くには隅々まで目が行き届かなくてはならず、日常生活の一つひとつを丁寧にすることが大切。」と語る倉田先生。「自ら東京の出版社に作品を売り込む積極性も必要で、協力は惜しみません。」と学生たちにエールを送っています。

先輩メッセージ先輩メッセージ


李 ハンスルさん
メディア・芸術学部
マンガ専攻プログラム 4年
韓国・世宗大学出身(韓国)

マンガを学びたくて大手前大学に編入留学。
マンガ以外にもいろいろなことが学べました。
卒業後は日本でマンガの仕事をしたい。

李 ハンスルさん
メディア・芸術学部
マンガ専攻プログラム 4年
韓国・世宗大学出身(韓国)

マンガを学びたくて大手前大学に編入留学。マンガ以外にもいろいろなことが学べました。卒業後は日本でマンガの仕事をしたい。

マンガを学びたくて日本へ。

大手前大学は世宗大学の提携校ということもあり、マンガ制作を学びたくて編入留学。小学校のころから日本語の勉強をしていたので、言葉の壁は感じませんでした。マンガ以外にも、アニメやデザイン、染色など美術系全般が学べた3年間でした。卒業後は日本でマンガの仕事をします。

大手前大学へは2年生から編入。

留学手続きも済み、2年生からの編入が決まったときは大喜び。うれしさとワクワク感でいっぱいでした。大手前大学には私以外にセジョン大学からの留学生が何人もいます。わからないことは何でも聞けるし、困ったときも相談に乗ってもらえます。でも、そんな状態も最初だけ。すぐに日本の友だちもでき、日本のことをいっぱい教えてもらえました。生活は寮に入らず一人住まい。

恋愛系から心情系のマンガへ変化。

留学してから1年くらいは恋愛系のマンガを描いていました。何か物足りなくなって、次第に心情系へ。2次元のビジュアルと短いせりふで細やかな心の動きを表現していくのは大変です。とても難しいのですが、マンガですべてを描くのではなく、そのビジュアルとストーリーの奥にある心の変化を感じてもらえたら・・・と思って描いています。 卒業後も日本を離れたくありません。フリーランスでマンガの仕事をすることに決めました。

資格・関連する職業資格・関連する職業

学部共通(取得できる資格)学部共通(取得できる資格)
図書館司書(国)/プレゼンテーション実務士
関連する職業関連する職業
漫画家/アニメーター/デザイナー/イラストレーターなど
  • 2014年度 大学体験授業
  • オープンキャンパス
  • 大手前チャンネル
  • Myカリキュラムスタイル
  • フォトギャラリー
  • 就職・キャリアについて
  • 実践英語プログラム

ページの先頭へ